血糖値とは血液中の糖の値を表すもの|一定を保つことが肝心

高血糖を抑えるために

錠剤

高血糖の対処法

血糖値とは、血液内にあるブドウ糖の濃度を表した数値のことです。一般的に健康な人の場合は血糖値がある範囲内に保たれています。もちろん、食事後にはブドウ糖の濃度も上がっているため数値は上がることになりますが、これも時間が経てば正常値に戻っていきます。血糖値は数値の上げ下げに効果のある成分、ホルモンなどによって正常値に保たれています。この成分でよく知られているのがその数値を下げる効果のあるインスリンという成分です。インスリンとは高血糖、糖尿病などの治療にも用いられる成分で、高血糖を抑えるための唯一のホルモン成分としても知られています。本来であればインスリンが体内で自然に分泌されその機能を果たしていくのですが、高血糖症や糖尿病の人であればそれが出来ない状態に陥っているということです。

予防策はあるのか

血糖値が上がりすぎればその分血管系の障害、病気のリスクが高まります。糖尿病によってそのほかの重大な病気が引き起こされる危険も考えられるのです。こうした糖尿病、高血糖症の予防策として大切なポイントとは、食事管理です。どんなに健康な人でも毎日のように極端な量の糖を摂取すれば自然と血糖値の値が高くなっていきます。正常な状態でインスリンが分泌されていれば多少はこの値を調節することができるでしょうが、その生活が長く続けば続くほど体への負担は大きくなり、結果的に糖尿病、高血糖症へと繋がっていくのです。ここで押さえておきたい大切な点とは、常日頃からバランスの取れた食事を心がけること、そして糖質のとりすぎには特に注意していくことです。